クラフトへのコミットメント

「クラフトはロエベのエッセンスです。我々は、もっとも純粋な意味において手工業の技術に向かい合ってきました。それこそがロエベの現代性の本質であり、クラフトはブランドの中心であり続けるでしょう」ロエベのクリエイティブ・ディレクターであるジョナサン・アンダーソンは語ります。

その歴史は1846年、スペインから始まります。皮革工房として誕生したロエベは、そのモダンなデザインと洗練された製造工程へのアプローチにおいて、優れた職人の技術を重んじてきました。名匠の技術と知識が次の世代へと忠実に継承され続け、豊かなクラフトマンシップの遺産はこのブランドの精神として生き続けています。

こうした価値観は、今日の文化におけるクラフトの重要性を尊び、歴史的な芸術的実践を現代的に再解釈するとともに、世界各国のコンテンポラリーアート、工芸、文化を支援する活動に反映されています。

近年では、私たちのクラフトマンシップに対する敬愛は、さまざまな専門領域のコラボレーション活動に示されています。たとえばミラノサローネ国際家具見本市で発表されたロエベ バスケットコレクションや、国際的に評価されているロエベ クラフトプライズなどのグローバルなプラットホームです。私たちは一連の文化活動を通じて、伝統的なクラフトを継承すると同時に、現代的な表現の地平を広げ続けています。

クラフトプライズ

ロエベ ファンデーション クラフトプライズは、現代のクラフツマンシップにおける卓越性、革新性、芸術的ビジョンに光を当てることを目的として、2016年にスタートしました。

年齢、文化、分野を問わず、100ヶ国以上から寄せられた応募作品を専門家が審査することによってファイナリストが選出されます。

過去と現在のクラフトプライズのファイナリストの作品を掲載したオンラインプラットフォーム「The Room」をご覧ください。

Craft is the art of making things with your hands
メゾンのアルチザン

ロエベにおいて、アルチザンはブランドの源です。ロエベの熟練のアルチザンは、伝統的な技術とモダンなアイデアを融合させ、フォルムと素材の関係を絶えず組みなおすことで、永遠の美しさを生み出しています。 170年以上にわたって受け継がれてきた職人たちの知識と経験こそが、紛れもないメゾンの魂を形成しているのです。



レザーの専門知識

メゾンには勤続50年のレザーアルチザン(職人)もおり、マドリードにあるロエベ スクール オブ レザークラフトでは、ブランドが誇るサヴォアフェールの技術が日々新しい世代に受け継がれています。キューブ型のパズルから、多機能なハンモックにいたるまで、ロエベのバッグは長い間受け継がれてきたレザー技術の象徴となっています。 

レザーの専門知識

メゾンには勤続50年のレザーアルチザン(職人)もおり、マドリードにあるロエベ スクール オブ レザークラフトでは、ブランドが誇るサヴォアフェールの技術が日々新しい世代に受け継がれています。キューブ型のパズルから、多機能なハンモックにいたるまで、ロエベのバッグは長い間受け継がれてきたレザー技術の象徴となっています。 

ナッパカーフスキン
柔らかな天然カーフスキン
シルクカーフ
ミラノ・サローネにおけるロエベ

ロエベは、世界有数のデザインイベントであるミラノ・サローネにおいて、継続的に展示会やカプセルコレクションを展示できることを誇りに思っています。

それぞれのプロジェクトでは、伝統的な技術を再構築することで、現代のクラフツマンシップに対するブランドの取り組みを再確認し、世界中の職人たちとのコラボレーションにより、特定の分野のクラフトを探求しています。 オリジナル作品の制作とロエベ製品の再解釈によって、メゾンのクラフトの伝統や専門技術と、他のクリエイティブ分野の技術との類を見ない交流を実現させています。


フリンジ バケットバッグ スモール(カーフスキン )
パズル エッジ バッグ (ナパ カーフ)
ノット ベース (カーフ&バンブー)