新型コロナウイルスに対する取り組み

ロエベは現在の世界的な状況を受け、最前線で働く医療従事者を支援するため、スペイン赤十字に10万枚の医療用マスクを寄付しました。スペインのヘタフェの自社工場では、一般利用向けマスクを製造しています。マスクは、ボランティア労働者、ロエベ従業員、およびその家族に配布されます。


同時に、ロエベは、新型コロナウイルスの影響を受けた生活困窮者層の子供たちのより良い未来を守るため、2020年4月から8月の間、「パウラズ イビサ コレクション」の店舗とloewe.comでの売上1製品につき、40ユーロずつを教育プロジェクトに寄付します。ロエベは、子供と青少年の権利保護活動を行うスペインの社会組織連合である、Plataforma de Infancia(プラタフォルマ デ インファンシア)と協力し、格差、および学校の中途退学を減らすための一連の教育プログラムを今夏、スペインで開始します。

2020年パウラズ イビザ

「パウラズ イビザ は、自由と開放がエッセンスとなった、多幸感と夢に満ちたコレクションです。このコレクションのポジティブでエネルギーのあるメッセージは、今の時代にこそ相応しいと信じています。」クリエイティブ・ディレクターのジョナサン・アンダーソンは語ります。COVID-19の影響を受けた子供たちのより良い未来を守るために、ロエベはコレクションの売上1製品につき40ユーロを、教育プロジェクトに寄付します。