ディヴァイン:クィアカルチャーのアイコン

PHotoESPAÑA(フォト エスパーニャ)への10度目の寄与として、ロエベとロエベ ファンデーションは、クィアカルチャーの不屈のアイコンであり、ディヴァインというステージネームでも名高いハリス・グレン・ミルステッドを称える展示会を5月13日から6月22日まで、マドリッドのCASA Loeweにて開催します。

かつて「この世で最も下品な人間」とも評されたミルステッドは、先鋭的なアーティストであり、彼の分身は荒っぽく、みだらで、突拍子もない人物でした。しかしそれは同時に喜びにあふれた自己決定であり、深く開放された姿でもあります。展示会ではディヴァインの姿としてのミルステッドの人生と芸術性へのオマージュとして、華やかな撮影でポーズをとる姿やステージでのパフォーマンス、バックステージでのありのままの姿やくつろいだ家族との写真など、魅力的な瞬間を捉えた写真、イラスト、映画などを展示します。

展覧会では、ジェフリー・シュワルツとThe Film Collaborativeによる「I am Divine」からの抜粋をご覧いただけます。

店舗検索

HIVとエイズに関する啓発活動の支援

新たな展示会では、ロエベ×ディヴァインの限定Tシャツやクッショントートが販売されます。このコレクション収益の15%は、HIVとともに生きるアーティストを支援する団体であるVisual Aids(ビジュアル エイズ)に寄付されます。

デジタル展示会を見る

HIVとエイズに関する啓発活動の支援

新たな展示会では、ロエベ×ディヴァインの限定Tシャツやクッショントートが販売されます。このコレクション収益の15%は、HIVとともに生きるアーティストを支援する団体であるVisual Aids(ビジュアル エイズ)に寄付されます。

デジタル展示会を見る

null
null
null
null

時代の代弁者

不屈の精神でクィアの権利を勝ち取ったしたディヴァインは、現在でもLGBTQ+コミュニティのみならず、多くの人にインスピレーションを与える存在です。

Chris Callis/ Clay Geerdes / Greg Gorman