ベン・クラーク

ベン・クラーク(1984年イビサ出身)は数作の詩集を出しており、代表作として挙げられるものに、「Los hijos de los hijos de la ira」(2006年に第21回イペリオン詩賞受賞、2017年Delirio社出版)、「Cabotaje」(2008年Delirio社出版)、「Basura」(2011年Delirio社出版)、2014年に「City of Palma Joan Alcover詩賞」およびRNEの「El Ojo Crítico詩賞」を受賞した「La Fiero」(2014年Sloper社出版)、そして「Los ultimos perros de Shackleton」(2016年Sloper社出版)などがあります。ベン・クラーク(1984年イビサ出身)は数作の詩集を出しており、代表作として挙げられるものに、「Los hijos de los hijos de la ira」(2006年に第21回イペリオン詩賞受賞、2017年Delirio社出版)、「Cabotaje」(2008年Delirio社出版)、「Basura」(2011年Delirio社出版)、2014年に「City of Palma Joan Alcover詩賞」およびRNEの「El Ojo Crítico詩賞」を受賞した「La Fiero」(2014年Sloper社出版)、そして「Los ultimos perros de Shackleton」(2016年Sloper社出版)などがあります。

2017年には、詩集「La policía celeste」で第30回ロエベ財団国際詩歌賞を受賞しました。

ロエベ詩歌賞の歴史

毎年優秀な詩人に授賞するロエベ財団国際詩歌賞は、当時の財団会長であったエンリケ・ロエベが、詩人のルイス・アントニオ・デ・ビリェナ、そして編集者のヘスス・ビソルとともに1988年に開始したものです。

開始から現在までの30年間にわたり、審査員たちはスペイン語圏における最も優秀な詩人たちを評価してきました。

賞の歴史についてさらに詳しく知る