ロエベ財団

ロエベ財団は、1988年、文化財団として、ロエベ創業者ファミリーの第4世代に当たるエンリケ・ロエベ・リンチが設立し、現在は、エンリケ・ロエベの娘であるシーラ・ロエベが運営しています。ロエベ財団は、創造性、教育プログラムを促進し、詩歌、舞踏、デザイン、工芸、写真、および建築の各部門の遺産を保護し続けています。ロエベ財団は、2002年、スペイン政府による最も権威の高い褒賞であるメリット・ファインアート部門金メダルを受賞しました。


運営委員会


  • プレジデント: リサ・モンタギュー


  • バイスプレジデント: シーラ・ロエベ


  • 後援者: ハビエル・アロンソ


名誉後援者


  • 名誉会長: エンリケ・ロエベ


  • フランシスコ・ブリネス


  • クリストバル・アルフテル


  • カルメン・イグレシアス


  • ルイス・デ・パブロ


  • アンドレ・リカルド


  • ホアキン・ソリアノ


  • マリオ・バルガス・リョサ


  • ルイス・アントニオ・デ・ビレナ


歴代後援者: フアン・ベネット、カルロス・ボウソーニョ、ホセ・イエロ、オクタビオ・パス、マニュエル・ペルテガス

クラフト プライズ 2020
ロエベ財団国際詩歌賞
Divine x PHotoESPAÑA
アート・バーゼル