ロエベは、2018年度のロエベ クラフト プライズのウィナーを発表いたしました。

ロエベ クラフト プライズは、ジェニファー・リーによる『Pale, shadowed speckled traces, fading elipse, bronze specks, tilted shelf』 (2017) が受賞。

5月4日から6月17日の間、ロンドンのクラフト・ウィーク・プログラムの一環として、ロエベ クラフト プライズ エキシビションは30人全てのファイナリストの作品を展示します。セラミック、ジュエリー、テキスタイル、ウッドワーク、グラス、メタルワーク、家具、ペーパークラフト、ラッカーなど全てのジャンルから、多世代にわたる現代のクラフトの卓越性をご覧いただけます。

ロエベ クラフト プライズについて詳細はこちら

デザイン、建築、ジャーナリズム、評論、美術館のキュレーター、そして2017年度の ロエベ クラフト プライズのウィナーであるエルンスト・ガンペール(Ernst Gamperl)を含む、名高い審査員達は、クラフト プライズの選出に加え、2つの特別賞を授与することについても同意しました。

一人は『Croissance XL (XL Growth)』 (2017) を制作した、フランスのテキスタイル・アーティスト シモーヌ・フェルパン (Simone Pheulpin) 、もう一人は『茶垸』 (2017) を制作した日本の陶芸家桑田卓郎です。