ロエベブランケット:2018年LOEWEサローネプロジェクトは、多彩なクラフトの世界的な展示会です

ミラノサローネ国際家具見本市にて、ロエベは、ブランケット、タペストリー、そしてトート・バッグといった広範囲な展示を行い、多様なクラフトのテクニックを披露いたしました。

クリエイティブディレクターのジョナサン・アンダーソン氏は、このプロジェクトを、世界中に存在する手作業の繊維製造方法の多様性と豊かさを幅広く深く探るものとして考えました。 彼と彼のチームは、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、南アメリカの遠隔地を訪れ、様々なタイプの職人の織物生産方法を探求する共同作業者を世界中で見つけることができました。特に伝統(トラディショナル)とモダンなサヴォアフェール(ノウハウ)の橋渡しをすることに繋がりました。

タペストリーとブランケット・スタイルは、こちらからスペシャル・オーダーにて注文可能です。

LOEWEの最新情報を受け取りたい方はこちらをクリックしてください