ベン・クラーク

ベン・クラーク(1984年イビサ出身)は数作の詩集を出しており、代表作として挙げられるものに、「Los hijos de los hijos de la ira」(2006年に第21回イペリオン詩賞受賞、2017年Delirio社出版)、「Cabotaje」(2008年Delirio社出版)、「Basura」(2011年Delirio社出版)、2014年に「City of Palma Joan Alcover詩賞」およびRNEの「El Ojo Crítico詩賞」を受賞した「La Fiero」(2014年Sloper社出版)、そして「Los ultimos perros de Shackleton」(2016年Sloper社出版)などがあります。ベン・クラーク(1984年イビサ出身)は数作の詩集を出しており、代表作として挙げられるものに、「Los hijos de los hijos de la ira」(2006年に第21回イペリオン詩賞受賞、2017年Delirio社出版)、「Cabotaje」(2008年Delirio社出版)、「Basura」(2011年Delirio社出版)、2014年に「City of Palma Joan Alcover詩賞」およびRNEの「El Ojo Crítico詩賞」を受賞した「La Fiero」(2014年Sloper社出版)、そして「Los ultimos perros de Shackleton」(2016年Sloper社出版)などがあります。

2017年には、詩集「La policía celeste」で第30回ロエベ財団国際詩歌賞を受賞しました。