POESÍA eres tú

ロエベ財団とその国際詩歌賞が、30周年を迎えます。過去30年の間、ロエベ財団はスペイン語で書かれた詩の中で最高の作品を集めてきました。この度、「POESIA eres tu」とともに30周年記念が祝賀されます。「POESIA eres tu」とは同財団がプロデュースしたドキュメンタリーで、国の詩歌記念日にリリースされる予定です。

詩は常に発展を続けているジャンルであり、ロエベも1988年以来このジャンルの発展に大きく貢献してきましたが、このジャンルに包括的なまなざしを向けたドキュメンタリーに仕上がっています。

オーロラ・ルケ

オーロラ・ルケ(1962年アルメリア出身)は詩人で翻訳家です。マラガを拠点に、ギリシャ語の教師、作家、編集者、文化マネージャー(2008年~11年にはCentro Generación del 27のマネージャーを担当)として活躍しています。 

彼女が出版した詩集には、「Orinque」(2017年Banda Legendaria社出版)、「Haikus de Narila」、「Portuaria」(英語訳 E. カルドナ、2017年Luces de Gálibo社出版)、「Los Limones Absortos」、「Poemas Mediterráneos」(イタリア語訳 P. ラスカリス; 序詩 Ch. マイヤール; 2016年Fundación Málaga社出版; 2016年Estado Crítico賞受賞)、そして「Personal & Político」(2015年F.J.M. Lara社出版)などがあります。

2019年には、詩集「Gavieras」で第32回ロエベ財団国際詩歌賞を受賞しました。

 

ラクエル・バスケス

ラクエル・バスケス(1990年ルーゴ県ベゴンテ出身)は計算機工学部出身でスペイン語圏の文献学を研究しています。

彼女が出版した詩集には、「Lenguaje Ensamblador」(2019年Renacimiento社出版)、「El Hilo del Invierno」(2016年Hiperión社出版; Institució Alfons el MagnànimのValència Nova賞受賞)、そして「Lied de lluvia para una piel ausente」(2014年Alhulia社出版; Granajoven詩賞受賞)などがあります。

2019年には、詩集「Aunque los Mapas」で第32回ロエベ財団・若手作家のための国際詩歌賞を受賞しました。

ロエベ詩歌賞の歴史

毎年優秀な詩人に授賞するロエベ財団国際詩歌賞は、当時の財団会長であったエンリケ・ロエベが、詩人のルイス・アントニオ・デ・ビリェナ、そして編集者のヘスス・ビソルとともに1988年に開始したものです。

開始から現在までの30年間にわたり、審査員たちはスペイン語圏における最も優秀な詩人たちを評価してきました。

 









賞の歴史についてさらに詳しく知る