ロエベ財団 × ジブリ美術館

世界中で様々な形の「クラフト」を支援するロエベ財団は、「三鷹の森ジブリ美術館」の継続的な活動をサポートするため、運営元である「徳間記念アニメーション文化財団」への3年間にわたるスポンサーシップを行うことになりました。

ロエベ財団代表のシーラ・ロエベは、次のように語ります。「日本で最も愛されているクリエイティブ施設のひとつ『三鷹の森ジブリ美術館』をサポートできることは、私たちにとって大変名誉なことです。ジブリ美術館のストーリーの一部として、そのユニークな魅力を世界に広めるお手伝いができることを楽しみにしています」 さらに、三鷹の森ジブリ美術館の安西香月館長は、以下のように述べています。「ブランドのアイデンティティの中心にクラフトマンシップを据えるロエベと、何万枚もの絵を描き動かしてゆくアニメーションの制作を核に、手作業が作り出す人のぬくもりを発信するジブリ美術館。両者の思いが重なったことを大変に嬉しく思います」

ジブリ美術館について

「三鷹の森ジブリ美術館」は、スタジオジブリ共同創設者である宮崎駿監督の発案によって、2001年10月東京・井の頭恩賜公園の南西部に誕生しました。アニメーションの素晴らしさを維持・普及するための拠点として、また緑豊かな憩いの場として、多くの方々に親しまれています。建物は多くの職人の手による漆喰の丸みを帯びたカラフルな内外壁や、ジブリのキャラクターが描かれたステンドグラスなど、職人の仕事を深く理解しているからこその、クラフトの温かみにあふれています。人間の持つ「感じる力」を最大限に引き出し、人間らしい温かみを表現したいという宮崎駿監督のビジョンに基づいた美術館となっています。

ロエベとスタジオジブリにとって、クラフトは何よりも大切な価値観です。職人がつくるレザー製品と、何万枚もの絵を手で描くアニメーション。手作業による温かみを伝えていくという共通の理念が、この長期に渡る意義深いコラボレーションを実現させました。

こんな美術館にしたい

おもしろくて、心がやわらかくなる美術館

いろんなものを発見できる美術館

キチンとした考えがつらぬかれている美術館

楽しみたい人は楽しめ、考えたい人は考えられ、感じたい人は感じられる美術館

そして、入った時より、出る時ちょっぴり心がゆたかになってしまう美術館!


こんな美術館にしたい (三鷹の森ジブリ美術館 館主 宮崎 駿) より引用