ロエベメゾンについて

1846年にスペインで創立されて以来、メゾンは175年にわたって世界有数のラグジュアリーメゾンとして知られてきました。

皮革品製造職人の共同体という謙虚なスタートから、世界的なリーディングメゾンとなった今日に至るまで、メゾンは一貫してそのアイデンティティのコアにクラフツマンシップを据え、比類のないレザー製品の鑑識を誇っています。今日も変わらず機能しているマドリッドのアトリエでは、メゾンのアーティザンマイスターたちによって、その卓越のサヴォワールフェールが最先端の技術やイノベーティブな発想と巧みに融合され、真に現代的な欲望のオブジェへと昇華されています。

メゾンの物語の最新章では、2013年のジョナサン·アンダーソンのクリエイティブディレクター就任がありました。アンダーソンの巧みなリーダーシップによって、見事にメゾンの若返りが実現され、ブランドアイデンティティがフレッシュにリデザインされました。アンダーソンは、ロエベ クラフトプライズの設立や、高く評価されている新しい定義のウィメンズ&メンズコレクションの実現を通じて、現代的なアプローチとメゾンの大切な伝統であるクラフツマンシップに結び付け、グローバルカルチャーにおけるロエベのインフルエンサーとしての役割をアピールしています。

メゾンのクラフトへのリスペクト

「クラフトはロエベメゾンのコアを形成しています。メゾンは、もっとも純粋な意味において手工業の技術に向かい合ってきました。クラフトのリスペクトによってメゾンのモダニティが確立され、おそらくこれからもその重要性が変わることはないでしょう。」ロエベ クリエイティブディレクター ジョナサン・アンダーソン

メゾンの歴史は1846年、スペインで幕を開けます。皮革品製造の工房と共同体として出発したメゾンは、モダンなデザインとハイクオリティの製造においてこの職人技を称揚してきました。メゾンのマイスターアーティザンの技術と知識が世代を経るごとに忠実に継承され続け、豊かなクラフツマンシップのヘリテージがメゾンの変わらぬエスプリを体現しています。

このように伝統技術をリスペクトするメゾンは、今日の文化におけるクラフトの重要性を確信し、歴史的なアート作品を現代的に再解釈するとともに、世界各国の現代アート、工芸、文化を支援しています。

近年では、クラフツマンシップに対する敬愛と信念に導かれ、各界のスペシャリストとのコラボレーションを展開しています。ミラノサローネ国際家具見本市では、ロエベ バスケットコレクションを手がけ、全世界規模で主催するロエベ クラフトプライズは高い評価を得ています。メゾンは一連の文化活動を通じて、クラフツマンシップの伝統を継承すると同時に、現代アートの地平を押し広げてきました。

メゾンの名前の発音について

メゾンがスペインに根差していることから、その名前と発音がカスティーリャ語源だと思われても当然のことかもしれません。しかし、実際のところメゾンはドイツにその真の源を有します。

メゾンは1846年に皮革品製造業の共同体として、スペインの職人グループによってマドリッドに創立されました。その30年後の1876年、ドイツからひとりの才能あふれる皮革製造職人が共同体に参入します。このエンリケ・ロエベ・レスベルクがリーダーシップを取り、ひとつ旗のもとに共同体の活動を統合します。この人物の名前が企業名となり、メゾンは今日知られるブランドとしての体裁を獲得することになりました。

メゾンは、この転換を機にかつてない名声を享受するようになったものの、その名前が大きな混乱の種となりました。ドイツ語名を有したスペインブランドであること、ドイツ語でWがVと発音されることから、正しい発音は綴り通りの読みではないロ·エ·ヴェとなります。このいきさつを知っていれば簡単なことですが、そうでなければ不要な誤解のもとになってしまいます。